液晶の力で瞬時にレンズの濃さが変わるサングラス「CTRL ONE(variotronic S)」レビュー

この記事をシェアする

サングラスは日光を軽減する目的上、トンネル等の暗いところに入ると視界が悪くなる欠点があるわけです。その欠点を解消しようと、周囲の明るさに応じてレンズの濃さを変えるという「調光レンズ」というものが発明されました。しかしこれは、日の光に化学的に反応して色が変わる仕組みのため瞬間的に色を変える事が出来ず、また長年使っていると劣化して色が変化しなくなっていくという不完全さも持ち合わせていました。

そこで今回登場したのが電気的な仕組みで色を変えるという全く新しい発想のサングラス。それが「CTRL ONE」です。

一年前くらいにIndigogoというクラウドファンディングで出資募集が行われ、この度無事に届き、半月ほど使ってみたのでさっそくレビューしてみようと思います。

ちなみにこの製品は、uvexのvariotronic Sと同一のものと見て間違いないです。そのため作りはしっかりしています。 フレームのデザインがuvexっぽいし、かなり早い段階からuvexでの発売が決まっていたことから察するに、社名を隠しての社内起業という感じだろうと推測できます。
参考 http://www.cyclesports.jp/depot/detail/60817

uvexからの発売もそろそろ始まるようで、各ショップでの予約受付などが始まっています。これから買われる方はこちらの方が入手しやすいかと思われます。

スポンサーリンク

外観

外観は普通のスポーツ用サングラスとあまり変わりません。ツルの部分にセンサーやスイッチ、バッテリーなどを備えているため若干太くなっていますが、気になるほどでもありません。

重量もバッテリーを積んでいる割に重くなく、半日以上の長時間の使用でもストレスはありませんでした。軽さにこだわる人以外は気にならないでしょう。

パッケージ・付属品

本体、専用ケース、巾着袋、ツルにつけるストラップ、USBケーブル

2016-03-25 14.05.29

仕様

レンズに液晶の膜が貼り付けられており、そこに感光センサーをスイッチとして通電することでレンズを濃くできるという仕組みです。e-Tintというアメリカの特許技術らしいです。他にも指で押す物理スイッチもあり、オンオフの他、モード切替やキャリブレーションもこちらで行います。
長押しする秒数と、それに応じてレンズが点滅する回数でどの操作を実行したか把握する仕組み。言葉で説明すると判りにくいかも知れませんが、シンプルな仕組みなので実際に使ってみるとすぐに理解できると思います。

充電はマイクロUSBで。端子はフレームの下側に付いていてプラ製のキャップでふさがれているので、汗などの影響はあまりないでしょう。

2016-03-25 14.06.55

2時間でフル充電。充電をしていることを知らせるランプなどが無い代わりに、レンズが濃くなることでわかる仕組み(終わったら薄くなります)。

連続稼働時間はカタログスペックは50時間。実際には満充電から付けっぱなしにして70時間以上保っていましたので、かなり遠出をしても困ることは無いでしょう 。

性能

ウリであるレンズの濃さが変わる機能は、本当に瞬時に変わるので優秀です。走行中にトンネルに入る場合などは、切り替えが行われるまで1秒ほど間を置く感じはありますが、特にストレスは感じませんでした。 歩いて屋内に入る時など、あまりに自然に変わりすぎて変わってることに気付かない事もありました。

ただ、感光センサーでスイッチ操作する都合上、夕方の微妙な明るさの時間帯は頻繁にオンオフを繰り返す事態に…。

幸いなことに物理スイッチは押しやすいので、困ったらスイッチを押してマニュアル操作でオフにすれば良いです。これはこれまでの化学式の調光レンズではできなかった芸当ですので、この製品の大きな利点だと思います。

レンズに貼ってある液晶の効果か、はたまたプラのレンズ自体がそうなのかは判りませんが、ある程度の偏光機能もあるようです。私は偏光レンズのサングラスを使用したことがないので詳しいことは判りませんが、伝え聞く偏光レンズの特徴を持った見え方をしていると思います。

レンズの濃さについては微妙なところです。真夏などもっと濃い方が良い場合もあるでしょうし。オフの時の濃さにも使用していて不満を持ちました。商品説明ではクリアからスモークとありましたが、uvexの製品ページでは可視光透過率30%と50%の2段階。50%はクリアと言うにはかなり濃いので、完全に日が落ちたら見にくくなります。

2016-03-25 14.40.42 2016-03-25 14.40.53

一日中レンズを換えずに使用することを期待しての購入でしたが、結局は夜になったら普通の眼鏡をかける羽目になってしまいました。構造上仕方ないのかもしれませんが、今後のブラッシュアップに期待したいところです。20%50%80%の3段階くらいになると嬉しいのですが…。

総評

使い勝手は人によるとは思いますが、概ねサングラスに求められる機能は押さえられてあり、誰が使っても大きな不満は無いと思います。プラスアルファで周囲の明るさに瞬時に対応してくれるのは特に心強いことは確かです(トンネルとか)

なによりも、とにかく仕組みが面白く使っていてワクワクするSFチックなサングラスです。仲間内でも話の種になると思いますし、調光レンズの購入を考えていらっしゃる方は是非参考にしてみて下さい。

ウベックス ヴァリオトロニック S uvex variotronic sアイウェア サングラス【送料無料】【02P29Jul16】

価格:41,796円
(2016/8/4 18:36時点)
感想(0件)

ウベックス ヴァリオトロニック ff uvex variotronic ff アイウェア サングラス【送料無料】【02P29Jul16】

価格:41,796円
(2016/8/4 18:40時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする